Oktaと連携する

ここでは、Oktaを用いたSSO連携の設定方法をご案内します。 OktaとBYARDの画面双方を行き来するため、両サービスの画面を開きながら作業をおすすめいたします。

■SSO連携設定方法

1. Oktaにログイン

2. [管理者]をクリック

3. 画面左の[Applications]を開く

 

4. [Create App Integration]をクリック

5. [SAML 2.0]を選択し、[Next]をクリック

6. [App name]に任意の名前を入力し、[Next]をクリック

7. [General]の各項目に下記の値を設定する

Okta上に表示される項目
Single sign on URL
Use this for Recipient URL and Destination URLチェックを入れる
Audience URI (SP Entity ID)
Name ID format[EmailAddress]を選択

8. [Attribute Statements (optional)]の各項目に下記の値を設定する

Okta上に表示される項目
Name
Name format[Unspecified]を選択
Value[user.email]を選択

9. [Next]をクリック

[Next]は画面最下部にあります。

10. [I'm an Okta customer adding an internal app]を選択

11. [This is an internal app that we have created]にチェックを入れ、[Finish]をクリック

 

12. メタデータのURLをコピーする

画面スクロールし、[Metadata URL]の項目にある[Copy]をクリックします。

13. コピーしたURLを開き、ファイルを保存する

コピーしたURLをブラウザの別タブで開くと、メタデータのソースコードが表示されます。ブラウザ上で右クリックし、[別名で保存]を選択してxmlファイルを保存します。Windowsであれば 「Ctrl+S」、Macであれば「command+S」によるショートカットキーでも保存が可能です。

14. BYARDにログイン

15. 組織設定を開く

[組織設定]をクリックします。

16. [シングルサインオン]タブを開く

[シングルサインオン]をクリックします。

17. SSO連携に必要な情報を登録する

  1. [表示名]を入力します。
    1. 入力した表示名がログインボタンの名前になります。
  1. メタデータファイルをアップロードします。
    1. IdPサービス側で設定しダウンロードしたメタデータファイルを選択します。
  1. [保存]をクリックします。
 
メタデータファイルをアップロードすると、シングルサインオン用の専用ログインURLが生成されます。この専用ログインURLを使用して、BYARDにログインすることになります。

18. Oktaに再度ログイン

19. [Assignments]をクリック

20. [Assign to People]もしくは[Assign to Group]からユーザーをアサインする

シングルサインオンでBYARDにログインさせたいユーザーをアサインします。 [Assign]メニューから[Assign to People]もしくは[Assign to Group]を選択し、アサイン画面を表示します。
 
アサインしたいユーザーの[Assign]をクリックします。
 
[Save and Go Back]をクリックします。
 
アサインするユーザーの選択が完了したら、[Done]をクリックします。
 
以上でOktaによるSSO連携の設定が完了となります。実際のログインの方法については、以下をご確認ください。

■SSO連携設定後、管理者が行うこと

1. 専用のログインURLをユーザーに周知

通常のログインとシングルサインオンによるログインでは、ログイン画面のURLが異なります。
シングルサインオンによるログインをする場合は、SSO連携を設定した際に生成されたログインURLをユーザーにお知らせしてください。 通常のURLにアクセスをすると「BYARD上のID/PW」を使用した通常のログイン形式となります。
 
シングルサインオン専用のログインURLにアクセスすると、ログインボタンのみ表示されます。

2. ユーザーをBYARDに招待

SSO連携によるログインであっても、BYARDの組織にユーザーを招待する必要があります。ユーザーを招待すると、該当ユーザーに招待メールが届きますが、招待メール内のリンクは使用せずに、シングルサインオン専用のログインURLにアクセスをするようご案内をお願いたします。招待メール内のリンクを使用すると、通常のログイン画面に遷移することになります。
ユーザー招待の方法については「メンバーを招待する」をご確認ください。

■シングルサインオンによるログイン方法

1. シングルサインオン専用のログインURLにアクセスし、ログインする

2. 組織の招待に参加する(初回ログイン時のみ)

初回ログイン時は組織の招待に参加する必要があります。[参加する]をクリックし、組織に参加してください。